通常よりも審査が厳しくなる

何に資金を使うのか

融資を申し込むと、厳しい審査が行われます。
ここで返済できる見込みがないと思われたり、信用できないと判断されたりすると審査で落とされるので、資金調達ができません。
申し込み自体は気軽にできますが、審査を通過するのは簡単ではないと理解しておきましょう。
相手に信頼されるためには、事業計画を詳しく伝えることがコツです。

事業を始めるためには、具体的な内容で融資がどれだけ必要なのかを説明してください。
資金の使い道を明確にすることで、本当に必要な融資なのだということが相手に伝わります。
加えて今回の事業が成功すると、社会にどんなメリットがあるのかを説明しましょう。
社会貢献になる事業であれば、融資先も積極的に応援しようという考えから、資金を融資してくれる確率がアップするはずです。

申し込むタイミング

基本的に審査が厳しくなり、結果を言われるまでに時間が掛かります。
つまり、すばやく資金を得ることはできません。
急いでまとまった資金を用意しなければいけない時に、無担保の融資を使うことは控えてください。
結果を言われて無事に資金を受け取れるまでに、数か月は掛かると理解しましょう。
それでも間に合うように、申し込むタイミングを見極めてください。

まだ資金が十分にある段階でも、申し込むことをおすすめします。
これまで順調だった経営が急に悪くなり、数か月後には資金が足りなくなるかもしれません。
しかし事前に融資を申し込んでいれば、その頃に資金を受け取れるので、会社の経営を続けられます。
このように、先を見通して行動することがポイントです。


この
記事を
シェア

TOPへ