無担保で融資を受けよう

大きなメリットとは

資金調達の際、主に不動産を担保として扱うことができます。
中には不動産を持っていない人がいますし、急に購入して用意できるものではありません。
また自宅などの不動産があっても、家族が担保にすることを拒否する場合もあります。
家族を説得するのに時間が掛かるケースもあり、なかなか融資が受けられません。
このような時は、無理に担保として使わないでください。

中には担保が必要ない融資も存在し、無担保なら気軽に申し込めると人気が高まっています。
自分が所有している不動産を担保にすると、失敗した際はそれらを没収されてしまうので、プレッシャーが大きくなります。
会社の経営に集中できない可能性があるので、例え不動産を持っていても本当に担保にして良いのか考えましょう。

保証人がいらない

無担保で受けられる融資は、保証人も必要ありません。
保証人になってくれる人がいない、知り合いに頼むことに抵抗を感じる人にも向いている調達法です。
保証人は自分が借りた資金を返済できなくなった時に、代わりに返済してもらう人のことを言います。
お金が関係しますし、借りる金額が大きいとそれだけ保証人への負担も増えます。
知り合いに責任を負わせたくないなら、無担保で保証人がいらない融資を選んでください。

これまで家族ぐるみで付き合いがあった人でも保証人になってほしいと頼むと、関係が一気に悪化してしまうケースが多々見られます。
そのぐらい保証人は大変なことなので、人間関係を守るためにも、なるべく保証人が必要な融資は利用しないのが理想です。


この
記事を
シェア

TOPへ