借りられる金額が決まっている

上限があることを理解しておこう

いくつか担保がいらない融資が存在しますが、ほとんど融資できる上限金額が決まっています。
あまり高い金額ではないので、かなり大きな金額を求めている人にとっては足りないかもしれません。
事前に最大金額や自分に必要な資金額を把握した上で、どこに申し込むのか決めてください。

自分の貯金額を踏まえて足りない分を、融資で補いましょう。
起業する計画がある人は、早い段階で貯金を開始するのがおすすめです。
借り入れる金額が少なくて済み、返済の負担も削減できる面がメリットです。
まとまった金額を融資されると、返済の負担が大きくなってしまいます。
返済が滞り、期限までに完済できなかったらトラブルが起こる確率が高まるので気を付けましょう。

自分で金額を決められない

希望する融資額が決まっていても、自分で指定することはできません。
こちらの人間性やこれまでの実績、つまり社会的な信頼を見て、相手が融資額が決められます。
社会的な信頼が低いと判断された場合は、審査を通過できても借りられる金額が低いかもしれないので注意してください。
特に初めて起業する人は、会社の経営を成功させたという実績がほぼありません。
必然的に、社会的な信頼が低くなってしまいます。

これまでに家賃や光熱費を滞納したことがある人、他の金融機関から融資を大量に受けている人、返済が滞ったことがある人も社会的な信頼が低いと判断されます。
このような人は審査を通過するのも難しいので、信頼されるよう工夫しましょう。


この
記事を
シェア

TOPへ